カテゴリー
list

理解するための7つの方法

『より深いレベルの理解を獲得するために7つの方法を活用することで、就学前の子どもたちから大学生に至るまで、以前にはまったく関心に入っていなかった細部やテーマを理解することができるようになったのです。』

まえがき

『より深いレベルの理解を獲得するために7つの方法を活用することで、就学前の子どもたちから大学生に至るまで、以前にはまったく関心に入っていなかった細部やテーマを理解することができるようになったのです。』

リスト

  • 関連づける: 優れた読み手は、自分がすでに持っている知識を本や文章と関連づけている。
  • 質問する: 優れた読み手は、読む目的に応じて質問を作り出している。
  • イメージを描く: 優れた読み手は、詳細なイメージを描くことで読んでいる本や文章のなかに浸ることができる。
  • 推測する: 優れた読み手は、本や文章のなかには明確に書かれていないことも推測する。
  • 何が大切かを見極める: 優れた読み手は、言葉・文章・本のレベルで、何が大切なのかを見極めている。
  • 解釈する: 優れた読み手は、情報を整理・統合しながら読んでいる。全体的な意味やテーマを考えながら読んでいる。
  • 修正しながら意味を捉える: 優れた読み手は、読んでいる間に自分の理解をチェックし、修正している。

あとがき

まえがきを含めて、エリン・オリヴァー・キーン『理解するってどういうこと?: 「わかる」ための方法と「わかる」ことで得られる宝物』(新曜社、2014年)より。

まえがきは「はじめに」からの引用です。リストは巻末資料Aの要約です。「理解するための方法」について列挙型の定義や活用方法しかなく、シンプルな定義がなされていないのが残念。

「解釈する」という言葉が「推測する」「何が大切かを見極める」「修正しながら意味を捉える」と重複するように感じたので、原文を探してみました。

  • 関連づける Activating background knowledge to make connections between new and known
  • 質問する Questioning the text
  • イメージを描く Creating mental images
  • 推測する Drawing inferences
  • 何が大切かを見極める Determining importance
  • 解釈する Synthesizing information
  • 修正しながら意味を捉える Repairing understanding when meaning breaks down

情報を統合するといった意味合いのようです。

コメントを残す