Pickup 本の中のリスト

15歳はなぜ言うことを聞かないのか?

効果的な技能トレーニングのSAFE原則
様々な「社会性と情動の学習(SEL)」プログラムを評価した結果、効果的なプログラムには4つの特徴が見出されたとのこと。  他 2 件

状況認識の3レベル(エンズレーモデル)  t 

まえがき
『(エンズレーは)状況認識は時間をかけて伸ばせる能力であることを証明した。集中的な努力と練習と内省によって習得可能な一種の専門知識だったのだ。』
リスト このリストを引用する
  • 【知覚(perception)】 環境内の諸要素の状態・属性・力学を知覚する(何かが起こっていることに気づく)  t 
  • 【理解(comprehension)】 それらの分離した要素を、パターン認識・解釈・評価のプロセスを通じて統合する(その原因を特定できる)  t 
  • 【予測(projection)】 環境内の要素の将来の動きが予測できる(これからの事態の推移が予測できる)  t 
あとがき
まえがきとリスト項目の【】内の語句は、アーリック・ボーザー 『Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ』(英治出版、2018年)および原著より。
リスト項目の日本語は、前半がWikipedia(英語版)の "Situation awareness" にある "Endsley's model"という項目からの抄訳、カッコ内が参考文献(1)からの引用(一部編集)です。

マイカ・エンズレーはパイロットの状況認識能力を向上させるのに尽力した人物。

なお、エンズレーモデルという通り名があるわけではありません。



(参考文献)
(1)稲垣敏之, "リスクを見つけて制御する," ANAグループ安全飛行, 2006.9
タグ
情報
投稿:koji さん 登録:2018/9/4 最終更新:2018/9/4
関連書籍
関係があるかもしれないリスト
関連情報

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement