学術論文の構成(IMRAD)

まえがき

「この構成は科学的方法と相性がよく、学術論文においてよく使われる。」

リスト

  • Introduction(導入)
  • Methods(研究方法)
  • Results(実験結果)
  • Discussion(考察)

あとがき

まえがきを含め、IMRAD – Wikipediaより。
「あれ、Aがないぞ」と思うかもしれません。「IMRADの名前は、Introduction, Methods, Results And Discussionの略」なので、Aは構成要素ではなかったのでした。

引用元にあるように、学術論文であればIに入る前にTitle(タイトル)とAbstract(要約)がありますし、Dの次にConclusion(結論)を置くのが普通です。

研究室で学んでいた頃、まさにこの順番で書いていました。名前が付いていたとは知らなかった。偶然見つけて、嬉しくなってアップしています。

タグ

文章(17)  書き方(1)  構成(1)  論文(1)