法四依

まえがき

『法四依(ほうしえ)とは、大乗経典に説かれる4つの法義をいう。』

リスト

  • 義に依りて語に依らず …… 意味に依拠して、文辞に依拠しない
  • 智に依りて識に依らず …… 智慧に依拠して、知識に依拠しない
  • 法に依りて人に依らず …… 真理(法性)に依拠して、人間の見解に依拠しない
  • 了義経に依りて不了義経に依らず …… 仏の教えが完全に説かれた経典に依拠して、意味のはっきりしない教説に依拠しない

あとがき

まえがきとリストの「……」以降は、「法四依」(ウィキペディア)より。各項目の見出し語と順序は、NHK「100分 de 名著」という番組の『名著66 「維摩経」』第4回で、指南役(解説)である釈徹宗(如来寺住職・相愛大学教授)氏が掲げたフリップから引用しました。

タグ

仏教(44)