ストーリーをレベルアップさせる6つの要素

まえがき

『面白い物語というものは、必ずこの6つの要素を持っている。これらは、一言でいえば「読者の興味を引きつける要素」である。』

リスト

  1. 【謎】 「なぜ?」と答えを知りたくなるような「謎(ミステリー)」
  2. 【驚き】 「まさか!」とびっくりするような「驚き(サプライズ)」  
  3. 【秘密】 「何を隠してるの?」とのぞいてみたくなるような「秘密(シークレット)」
  4. 【危機】 「ハラハラ、ドキドキ、ヒヤヒヤ!」するような「危機(サスペンス)」
  5. 【障害】 「どうなるの?」と先が気になるような「障害(オブスタクル)」
  6. 【期待、興奮】 「ワクワク!」するような「期待、興奮(エキサイト)」

あとがき

まえがきを含めて、谷口剛司 『ストーリーのクオリティをアップさせる「謎」「驚き」「秘密」「危機」「障害」「期待、興奮」のつくり方』より。本文から一部編集のうえ引用しています。

ストーリーの「ヤマ」を具体的に分類するとこんな感じになるのかなと感じて収集。

(書影)
  • タイトル:ストーリーのクオリティをアップさせる「謎」「驚き」「秘密」「危機」「障害」「期待、興奮」のつくり方
  • 著者:谷口剛司
  • 販売:Amazon Services International, Inc.
  • 出版日:

タグ

ストーリー(9)