Pickup 本の中のリスト

45分でわかる! オバマ流世界一のスピーチの創りかた

会話の公理(ポール・グライス)
「著名な言語学者のポール・グライスが、四つの『会話の公理』をまとめています。伝わるスピーチに通じるものがあるので、ぜひ、頭に入れておくことをおすすめします」 

数字に騙されないようになるための5つの視点  t 

まえがき
それだけで具体的なデータのように感じられてしまう「数字」。的確に意味を読み取るには。
リスト このリストを引用する
  1. 自分がイメージできる数字に置き換える  t 
  2. 見える部分を支えている見えない部分に目を向ける  t 
  3. メディアの情報に「なぜそうなの?」とツッコミを入れる  t 
  4. 小分けにされた数字は分けられる前の全体で判断する  t 
  5. グラフは縦軸と横軸の比率や目盛の範囲にまず注目する  t 
あとがき
メールマガジン「ビジネス書リストブック」第000033号(2008/12/2)より。このメルマガには創刊号から注目していました。今回が初めての引用です。未読の人にも分かりやすい言葉でまとめられた、よいリストですね。メールマガジンの本文の書評も丁寧で読書欲を刺激されました。

リストは『問題は「数字センス」で8割解決する』という本からの編集・引用。「数学センス」でなく「数字センス」。なんとなく気の利いたタイトルです。

タグ
情報
投稿:koji さん 登録:2008/12/2 最終更新:2008/12/2
関連書籍
関係があるかもしれないリスト
関連情報

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement