IIEF-5(国際的に採用されている勃起機能に関する5つの評価項目)

まえがき

『ローゼンたちは、勃起障害を診断するための重要な変数を次のようなものとした。(略)この簡単にできる勃起障害の自己診断ツールは、IIEF-5(略)と呼ばれ、主観的なトピックに関するデータをどうやって集めたらいいかの良い事例となっている』

リスト

  • 勃起できる自信
  • 勃起の硬さ
  • 勃起を維持できる頻度
  • 勃起を維持できる能力
  • 満足感

あとがき

まえがきを含めて、トーマス・H・ダベンポート他『真実を見抜く分析力 ビジネスエリートは知っているデータ活用の基礎知識』より。『かなり主観的な変数でさえ、体系立った方法で測定し、集められる』例として紹介されていたのがこの例でした。

自己診断は、各項目を問う文章を作り、5段階のリッカート尺度で評価します。各項目の評価を足し合わせると5から25のスコアが出ますので、それを重症から障害なしまでの5段階に分けます。

実物は、たとえば以下で。

ED診療ガイドライン(日本性機能学会)
EDのセルフチェック(IIEF)(ファイザー)

なるほどー。なんというか、プロセスと結果、客観的に見積もれそうな機能的な値とごく主観的な心情的な値、そんな要素がうまくミックスされているような気がします。

(書影)
  • タイトル:真実を見抜く分析力
  • 著者:トーマス・H・ダベンポート/著 キム・ジノ/著 河本薫/監修
  • 出版社:日経BP
  • 出版日:20140411

この本からの他のリスト

タグ

分析(11)  性機能(1)