コストパフォーマンスの高い経験の基準


まえがき

『どんなタイプの経験でも、払ったお金に対して最も大きな喜びを得られるのはおそらく次のような4つの基準を満たすものでしょう。』

リスト

  • 他の人々と交わることによって、社会的なつながりが生まれるような経験
  • この先何年にもわたって楽しい気持ちで繰り返し語ることができる思い出話につながる経験
  • あなたが感じている自分という人間、あるいはあなたがなりたいと思っている自分像に密接に結びつく経験
  • 他の選択肢と簡単に比較することができないめったにないチャンスを与えてくれる経験

あとがき

まえがきを含めて、エリザベス・ダン、マイケル・ノートン『「幸せをお金で買う」5つの授業 ―HAPPY MONEY』 (KADOKAWA/中経出版、2014年)より。

著者の主観ではありますが、特定のテーマについて深く考えてきた人の主観には高い網羅性があります。

著者はここから、喜びをもたらす経験の基準にならないものを見出します。

興味深いのは、経験の時間的な長さは関係ないという点です。引用元は示されていませんでしたが、ある調査によると旅行期間の長さは事後の印象に影響しないとのこと。

この本からの他のリスト

タグ

📅

 👤

 📁

1 comment on コストパフォーマンスの高い経験の基準