幸福になるためのお金の使い方5原則


まえがき

『5つの原則はどれも、幸福を高めることが科学的に証明された方法です。』

リスト

  • 経験を買う …… 金額に関わらず、形のあるものより経験を買ったほうが、出費に対する後悔が減る
  • ご褒美にする …… 好きなものに手が届かないように制限をかけると、新鮮な喜びを味わえるようになる
  • 時間を買う …… お金を使う前に「これを買ったら、私の時間の使い方はどう変わるか?」と問いかける。お金より自分の時間に重点を置くようになると、人は自分の幸福を大きくする活動を選ぶようになる
  • 先に支払って、あとで消費する …… 支払を先に、消費を後に延ばすことで、期待を持ち続けられる。前払いの痛みを経験すれば、お金を使いすぎることも減る
  • 他人に投資する …… 他人のためにお金を使うと自分自身にお金を使うよりも幸福感が得られ

あとがき

まえがきを含めて、エリザベス・ダン、マイケル・ノートン『「幸せをお金で買う」5つの授業 ―HAPPY MONEY』 (KADOKAWA/中経出版、2014年)より。目次と本文を編集してリスト化しました。

お金の貯め方でなく使い方に焦点を当てた本。買うに値する「経験」(第1項目)については「コストパフォーマンスの高い経験の基準」を参照のこと。

この本からの他のリスト

タグ

🏷️

📅

 👤

 📁

No comments on 幸福になるためのお金の使い方5原則