社会システムにおける4つの交換様式


まえがき

“『力と交換様式』では、社会システムを(略)4つの交換様式によって捉え、とりわけ(略)「D」の到来をめぐって思考を深めた。”

リスト

あとがき

まえがきを含めて、柄谷行人ほか『柄谷行人『力と交換様式』を読む』 (文藝春秋、2023年)の書誌情報より。

〔新版〕影響力の法則』の「訳者あとがき」でこのリストを見つけました。「影響力の法則」における影響力の源はまさに「互酬」の力です。そして価値交換のメカニズムは、ABCのどれでもありうると思います(『力と交換様式』を未読のゆえDは除外しておきます)。

歴史の中では、Aを中心とする部族社会から、国家によるB、商品、貨幣、資本の交換 (すなわち資本主義)を意味するCに発展している。(略)科学は世界をBとCに還元しようとするが、それは現実にそぐわない。一方、現実にはA互酬は今でも生きており、さらにDに至っているという。

高嶋 成豪「訳者あとがき」(『〔新版〕影響力の法則』)

    タグ

    影響力 互恵 交換様式

    関連リスト

    Posted on

    in