三苦

まえがき

『ブッダは苦しみには三つの側面があると教えている。』

リスト

  • 【苦苦〈くく〉】 痛みや痒みなど、主に身体的な症状にともなう苦しみ
  • 【壊苦〈えく〉】 快感や楽しみが薄れるときに味わう寂しさ・悲しさ・もの足りなさなど、喪失の苦しみ
  • 【行苦〈ぎょうく〉】 思い通りにいかない満たされなさから生じる苦しみ

あとがき

まえがきを含めて、プラユキ・ナラテボー 『自由に生きる』より。リストは本文からの編集・引用です。

三苦の、著者による解釈も引用します。
『私たち人間は、身体を抱え、情感を有し、心を働かせながら生きる存在である。そこに、快を求め不快を避けるという、生命のサバイバルのための基本的なプログラムが作動する。それによって、不快感、寂寥感、不満感といったような苦しみに遭遇することになる。』
行苦は『心のアクション(業)から派生する苦しみである』とも解説されていることを踏まえると、次のような整理でしょうか。

苦苦=不快感(身体レベル)
壊苦=寂寥感(情感レベル)
行苦=不満感(業レベル)

(書影)
  • タイトル:自由に生きる
  • 著者:プラ・ユキ・ナラテボー/著 PhraYukiNaradevo/著 プラユキ・ナラテボー/著
  • 出版社:サンガ
  • 出版日:2016-01

タグ

仏教(43)  (1)