挨拶に添えるひと言「キドニチカケ・モ」

まえがき

『「おはようございます」のあとに、ひと言を添える。それだけで気難しい顔をしていた方が、にこやかに話し出すこともあります。(略)そのキッカケとなるひと言について、ANAでは代々“キドニチカケ”を引き継いできました。』

リスト

  • 【キ:気候】 「いいお天気になりましたね」
  • 【ド:道楽(趣味)】 「ワインにお詳しいのですね」
  • 【ニ:ニュース・人気】 「昨日のニュースには、本当に驚かされましたね」
  • 【ト:土地】 「今年は旬の◯◯が特においしいようです」
  • 【チ:知人】 「○○さん、お元気ですか?」
  • 【カ:家庭】 「お子さんは、おいくつになられたのでしょう?」
  • 【ケ:健康】 「いつも姿勢がシャンとされていますね」
  • 【モ:持ち物】 「ステキなネクタイですね」

あとがき

まえがきを含めて、加藤アカネ『ANAのVIP担当者に代々伝わる言いにくいことを言わずに相手を動かす魔法の伝え方』(サンマーク出版、2016年)より。

まえがきに引用した通り、本書の中では“キドニチカケ”として紹介されていました。これに加えて著者は「持ち物」にも言及していたそうです。

なるほど。そこで持ち物の“モ”も追加させていただきました。

また、『「一流の気づかい」はANA社員に学べ!』(東洋経済オンライン)を参考に、「ニュース」を「ニュース・人気」に変更しています。

カンカラコモデケア」、「カモデシャビトゲン」に並ぶ、「意味が無いのに気になって覚えてしまう頭字語リスト」と言えましょう。

(書影)

タグ

コミュニケーション(83)  挨拶(1)  雑談(1)