四聖諦

まえがき

『四聖諦とは、「四つの、高貴な者たちにとっての真実」である。』

リスト

  • 【苦聖諦】 苦は、五つの執着要素である(五取蘊苦)
  • 【苦集聖諦】 苦の原因は、再度の生存へみちびく渇望である
  • 【苦滅聖諦】 苦の停止は、再度の生存へみちびく渇望の停止である
  • 【苦滅道聖諦】 八聖道が、苦の停止へみちびく道である

あとがき

まえがきを含めて、馬場 紀寿『初期仏教――ブッダの思想をたどる』(岩波書店、2018年)より。本文を編集して作成しました。

(書影)
  • タイトル:初期仏教
  • 著者:馬場紀寿
  • 出版社:
  • 出版日:2018-08

この本からの他のリスト

タグ

仏教(43)