目的のある練習の4つのポイント

まえがき

『目的のある練習はその名が示すとおり、このような愚直な練習よりはるかに目的が明確で、よく考え、集中して行うものだ。その顕著な特徴は、次のようなものだ。』

リスト

  • 目的のある練習には、はっきりと定義された具体的目標がある
  • 目的のある練習は集中して行う
  • 目的のある練習にはフィードバックが不可欠
  • 目的のある練習には、居心地の良い領域(コンフォート・ゾーン)から飛び出すことが必要

あとがき

アンダース・エリクソン、ロバート・プール 『超一流になるのは才能か努力か?』(文藝春秋、2016年)より。

目的のある練習は、原著では “purposeful practice”。愚直な練習は “naive practice”。

(書影)

この本からの他のリスト

タグ

卓越(2)  熟達(5)  練習(6)  鍛錬(4)