DESCスクリプト(アサーションのステップ)

まえがき

相手に何かを求めるときにはこの順序でシナリオを錬ろう。

リスト

  • [Describe] 相手の行動や状況を客観的に描写する
  • [Express] それに対する気持ちを表現する
  • [Specify] 相手に望む行動を特定する
  • [Consequences] 望ましい結果を伝える(必要があれば望ましくない結果についても伝える)

あとがき

“Asserting Yourself-Updated Edition: A Practical Guide For Positive Change”より。アサーション、アサーティブネスの本を読んでいると、DESCという言葉がよく出てきます。しかし、E はexpress / explain / empathize、C はconsequence / choose など言葉にブレがあったり、Specifyの訳語に一見すると意味が合わない「提案」があてられていたりと、長い年月の中で拡張されてきた雰囲気を感じていました。

それはそれでよいのですが、原典も知っておきたいので探してみました。たぶん1976年に出版された”Asserting Yourself”のようです。そのまま直訳で引用できる箇所がなかったので要約・意訳です。できるだけシンプルにまとめてみました。タイトルの”DESCスクリプト”は原著の”DESC scripts”の直訳。ここでは台本とか筋書きというほどの意味。主張すべきことはDESCで書いて整理してから述べましょう、という内容でした。

(↓2004年に出た改訂版です)

(書影)



(↓もともとはこの本を読んでいて投稿を思い立ちました)

(書影)

この本からの他のリスト

タグ

アサーション(6)  アサーティブ(3)  コミュニケーション(83)  主張(3)  要求(3)