レヴィンの変化モデル

まえがき

『変化が困難なのは、そこには苦痛に満ちた学習解除や難解な再学習、さらには思想や感情、態度や知覚の再構成が求められるからだ。』

リスト

  • 【解凍】:その変化が不可欠であることを認識して、旧来の信念や実践を取りのぞいて変化のための準備を整える過程
  • 【変化】:変化が生じる過程。以前のものの見方やシステムが不要になることで惹きおこされる混乱や苦しみがともなうことがある
  • 【冷凍】:新たなものの見方が結晶する過程。新しい枠組みのなかでの快適さと恒常性の感覚がふたたびあらわれてくる

あとがき

まえがきを含めて、キャサリン・コーリン 『心理学大図鑑』より。まえがきおよびリストは本文を編集したうえで引用しています。レヴィンとは心理学者で「場の理論」で知られるクルト・レヴィン。

ここでの「変化」のおもな対象は、信念や常識です。そういった、受け入れていることにすら気づかずに受け入れているシステムを変えるのがいかに苦痛に満ちたことかが分かるリスト。

(書影)
  • タイトル:心理学大図鑑
  • 著者:Collin,Catherine/著 小須田健/翻訳 池田健/著 コーリンキャサリン/著
  • 出版社:三省堂
  • 出版日:2013-02

この本からの他のリスト

タグ

グループ・ダイナミクス(1)  場の理論(1)  変化(3)  学習(43)