学の四失

まえがき

『学ぶときにおかしがちな誤りが四つある。』

リスト

  • (あるい)(すなわ)ち多きに失い(やたら手を広げると、まとまりがつかなくなる)、
  • 或は即ち(すくな)きに失い(最初から狭く範囲を限定してかかると、バランスの取れた見方ができなくなる)、
  • 或は即ち(やす)きに失い(目先の効果に目を奪われてばかりいると、いつまでたってもほんとうの力が身につかない)、
  • 或は即ち(とどま)るに失う(一つのことに興味が向かって、そこにたちどまってしまうと、それ以上の前進が期待できなくなる)

あとがき

まえがきを含めて、守屋 洋、守屋 淳『中国古典の名言録』(東洋経済新報社、2001年)から編集のうえ引用。リストは『礼記』学記篇からの引用です。本書ではリストの前に「人の学ぶや、」という句が付いて一つの文をなします。さらにその文の前に「学者有四失」(学ぶ者に四失有り)という句があるので、そこからタイトルを作りました。

解説がなければ解読が難しいリスト。良い内容ながら言及しているページは少ないですね。検索してみると「学の四失 – 多・寡・易・止」(講老箚記)というブログに出会いましたが、訳が大きく異なっていて驚きました。原文がかなり凝縮されているぶん、解釈の面白さもあるかもしれません。

(書影)

この本からの他のリスト

タグ

学問(1)  学習(43)  礼記(1)