POEMS – 状況観察のフレームワーク

まえがき

『POEMSは、そのコンテクストに存在する要素を把握するための観察型調査フレームワークだ。』

リスト

  • 【People(人)】 そこには、どんな人がいるか。なぜそこにいるのか。
  • 【Objects(物)】 そこには、どんな物があるか。それぞれの関係はどうか。
  • 【Environments(環境)】 どのような活動の場があるか。
  • 【Messages(メッセージ)】 そこでは、どんなメッセージが伝えられているか。
  • 【Services(サービス)】 そこでは、どんなサービスが提供されているか。

あとがき

まえがきを含めて、ヴィジェイ・クーマー『101デザインメソッド ―― 革新的な製品・サービスを生む「アイデアの道具箱」』より。

ここでのコンテクストとは『提供するもの(製品、サービス、経験、ブランドなど)が存在する/存在しそうな環境に影響を及ぼす「状況や出来事」』のこと。

たとえば、会議で使うホワイトボードに代わる製品を開発しているとします。現状の会議を観察するとして、何を観るのか。白紙から考えるのは難しいですが、こういうフレームワークがあると助かりそうです。

(書影)
  • タイトル:101デザインメソッド
  • 著者:Kumar,Vijay/著 渡部典子/翻訳 クーマーヴィジェイ/著
  • 出版社:英治
  • 出版日:2015-02

この本からの他のリスト

タグ

イノベーション(25)  デザイン(8)  フィールドワーク(1)  リサーチ(2)  観察(3)