神経科学による4つの学習の秘訣(AGES)

まえがき

『仕事の世界が目まぐるしく変化する状況下、すべての人が学び方を学ばなければならなくなりました。学習の達人になる必要があるということです。』

リスト

  • Attention(集中):学習する際は、1つのことに全神経を傾け、集中を維持する。
  • Generation(活用):話を聞くだけでは不十分。学習した情報を使ってなんらかの活動をすることで記憶定着率が高まる。情報を有意義に活用するようなシチュエーションを作り出す。
  • Emotion(感情): 強い感情は強い記憶につながる。学習したことを感情に結びつける方法を考える。
  • Spacing(間隔):記憶量を増やすためには、学習と学習のあいだの間隔を作る必要がある。

あとがき

まえがきを含めて、『神経科学が教える「4つの学習の秘訣」』(ライフハッカー[日本版])より。元記事の”4 Secrets to Learning Anything, According to Neuroscience” (Inc.com) と読み比べたうえで、ほぼママ引用させていただきました。リストの作り手はNeuroLeadership Institute (NLI) のJosh Davis博士。

博士名義の学術論文が見当たらないので因子分析によって見出した要素というよりはフレームワークだと思うのですが、わかりやすい。

タグ

学習(43)  神経科学(6)