カテゴリー
list

衝動にマインドフルに対処する4ステップ(RAIN)

『感覚に十分近づいてじっくり眺めることが、感覚から最低限必要な距離をおくことになる。感覚の束縛がゆるむ。束縛が十分にゆるめば、その感覚はもう自分の一部ではなくなっている。』

まえがき

『感覚に十分近づいてじっくり眺めることが、感覚から最低限必要な距離をおくことになる。感覚の束縛がゆるむ。束縛が十分にゆるめば、その感覚はもう自分の一部ではなくなっている。』

リスト

  • Recognize …… 感覚を認識する。
  • Accept …… 感覚を追い払うのではなく受け入れる。
  • Investigate …… 感覚や、感覚と自分の体との関係を詳しく調べる。
  • Nonidentification …… 同一化しなくなる、すなわち執着しなくなる (Nonattachment)。

あとがき

まえがきを含めて、ロバート・ライト 『なぜ今、仏教なのか――瞑想・マインドフルネス・悟りの科学』(早川書房、2018年)より。

動詞・動詞・動詞、ときて、名詞。最初の3項目が行動で、最後はその結果として生じる状態というニュアンスでしょうか。

久賀谷 亮『世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる』(ダイヤモンド社、2016年)でも、主にアンガーマネジメントのテクニックの一つとして紹介されていました。

Manage Emotional Pains with RAINS” (Psychology Today) では Self-compassion を加えて RAINS としていました。慈悲の心を自分に向ける、自分を慈しむというイメージです。